緊縛折檻夫人 赤堀えみ オマンコ クリトリス責め

[ 緊縛折檻夫人 赤堀えみ ]

緊縛折檻夫人 赤堀えみ
白昼、鴨居に両脚開脚吊りで責められる女
オマンコ広げられて観察され、実験されて悶える美女
太いバイブをオマンコに突っ込まれ、激しく抜き差しされる女奴隷


えみの両足首は麻縄でくくられ、ちょうど万歳をしたような格好に脚を拡げられ、鴨居から逆さに全裸で吊されていた。乳房の上下で麻縄を体にぐるりと回され、両手は後ろ手に縛られている。
その、体にきつく回された麻縄に、二つに折り返して二本に束ねた、長さ3メートルほどの麻縄を背中側でしっかりと結びつけると、国夫は縄尻を鴨居の上に通して、えみの上体をゆっくりと吊っていった。
えみの上半身は次第に逆さの状態から引き起こされ、両脚の間から顔と乳房を覗かせるような形で、鴨居から吊られて固定された。
国夫は、両脚を広げられて吊られているえみの正面に立ち、吊り縄がくくられたえみの両足首をそれぞれの手のひらで握った。国夫の両手の平は、えみの足首から張りのある艶やかなふくらはぎの感触を楽しむように撫でながら、ゆっくりと太腿に滑っていく。ふくらはぎと太腿を撫で回される羞恥に、えみは両脚をよじらせている。
手のひらは、弾力のある白い太腿を撫でると、次第に太腿の内側へと向かった。国夫の両手がえみの太腿の付け根あたりまで近づくと、えみの両脚を内腿から外側へ押し開くようにして、ついに国夫の手がえみの秘裂をとらえた。
国夫は、えみの大陰芯に両手の中指と人差し指をかけ、秘裂を広げてみる。女の羞恥の源泉を覗かれ、ジッと視姦される恥ずかしさに、えみは目を閉じて顔を背けた。
次いで国夫は、左手で大陰芯を開いたまま、右手の人差し指で、小陰唇の外側を回っている溝を、クリトリスから肛門の方に向かってそっとなぞっていく。えみの膣口がひくつき、愛液が滲み出はじめた。
小陰唇の回りをなぞっていた人差し指に愛液を絡めると、その指はゆっくりと膣の中に挿入されていった。膣の中は、すでに愛液でぐっしょりと濡れている。国夫は、そのまま、中指を膣の中に出し入れする。えみは快感に、両脚を突っ張らせるように緊張させた。
国夫は、中指を膣の中に入れたまま、親指で小陰唇と大陰芯を押さえ、左手の人差し指でえみのクリトリスを包皮の上からコリコリと刺激した。クリトリスは次第に勃起し、えみは快感に喘ぎだした。国夫は、クリトリスの包皮を剥いて、さらに刺激し続ける。麻縄で上と下から締め付けられている乳房の頂点で、えみの乳首が勃起している。
えみの喘ぎは次第に激しくなり、膣と肛門が収縮を繰り返し出す。両足の親指がうごめき始めた直後、えみの両脚はピンと痙攣したように伸び、羞恥の中で、ついにえみは快感に果てた。
国夫は、えみが快感に喘いでアクメに達するまでの、えみのオマンコとクリトリスのいやらしい蠢きと、あふれ出した愛液の様子、勃起した乳首、快感に達するためにピンと伸ばされた美しい両脚の様子を詳細にえみに説明して聞かせた。えみは耳朶まで赤く染めて羞恥に身悶えている。
「指では物足りないだろう?」
そう言った国夫の手には、太さが5センチ近くはある張り型が握られていた。張り型の周囲は、オマンコに一層の快感を与えるための細工で、畝を切ったような蛇腹状でデコボコとしている。
その張り型の亀頭部は、愛液にまみれているオマンコの溝をヌルヌルと数回撫で、クリトリスをひと撫ですると、ズルッとえみの膣に挿入された。えみは「うぅっ」と小さく喘いだ。
国夫は、えみの引き締まった膣の中から、ネットリとした張り型を引き抜くと、再びオマンコの溝とクリトリスを撫で回してから、ずぶりと膣の中に挿入し直し、次第に激しく抜き差しし始める。と同時に、左手の親指を軽く振動させながら、クリトリスを撫でていく。
えみのオマンコは愛液でグショグショになり、張り型が出し入れされるたびに、ヌチャヌチャと卑猥な音を立てている。
オマンコに繰り返し太い張り型を挿入され続けたえみは、あまりの快感に幾度もアクメに達し、ときおり太腿、ふくらはぎ、足先までをピーンと伸ばすようにして痙攣した。
半ば放心状態でぐったりとしているえみのオマンコから張り型をヌルッと引き抜いた国夫は、パックリと口を開いている膣口から流れ出る愛液を指で絡め取ると、再びえみのオマンコを両手で広げてジッと観察した。
大陰芯、小陰唇、クリトリスは充血をして肥大し、えみのオマンコ全体が、まるでぬめぬめとした生き物のようにうごめいている。
えみは、国夫が飽きるまで、これから何時間もオマンコを集中していじられ、張り型を突っ込まれ、バイブでかき回されることになる。快感地獄の宴は、まだ始まったばかりだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする