よつんばい悪戯 第一章

[ よつんばい悪戯 第一章 ]

よつんばい悪戯 第一章
簡単な撮影だとだまされたOLが、四つん這いで、究極の羞恥を体験する。
四つん這いにされて愛玩犬のように弄ばれる、刺激的な羞恥責め。


巨乳美女がピンクローターをオマンコにぶち込まれ、電マで巨乳を刺激される。
あげく、全開のお尻の穴まで舐め回される。
アナル、オマンコ、すべてを晒して調教される。
女として熟しはじめたその身体は執拗な責めをうけるまでもなく、「こんなところで、こんな格好を強いられている」という妄想だけで感じてしまうのか?露わにされたその乳首はすでに硬く膨れあがり、抵抗する仕草もすでに演技としか感じられない。軽く触れられただけで熱い息が漏れてしまうその身体に男の手が、舌が、容赦なく這いずり回る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする