悦虐の折檻調教 幼妻 小坂めぐる

[ 悦虐の折檻調教 幼妻 小坂めぐる ]


躾と称して嫁を折檻する姑は、若く豊満な肉体への嫉妬から彼女への激しい調教を開始する。
庭に放置したままの石抱き拷問、強制野外放尿、三角木馬責め。
夫の遺影の前で嫁を緊縛吊り、彼女の性器に花を活け、亡き夫の遺影に捧げる。さらに鞭、蝋燭が彼女の身体を彩る。


幼妻めぐる、は結婚して夫の家に嫁いで来たが、半年も経たないうちに夫は他界してしまった。
義父は再婚していて姑は血の繋がりのない息子に愛情を注いでいなかったため、残された若い嫁も邪魔者扱い。
ある日、躾と称して嫁を折檻したまま出掛けた姑は、留守中に嫁が男に悪戯された後を見つけ、その若く豊満な肉体への嫉妬も混じって彼女への激しい調教を開始する。
庭に放置したままの石抱き拷問、失禁、強制野外放尿、三角木馬責め。
夫の遺影の前で嫁を緊縛吊り、彼女の性器に花を活け、亡き夫の遺影に捧げる。
さらに緊縛吊りでの鞭打ち、蝋燭責めの折檻調教を受ける幼妻。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする