クリトリスを拷問する手順

[ クリトリスを拷問する手順 ]


クリトリス拷問の実験台にする女の髪を吊り、脚を強制的に大きく開かせて縛り付け、後ろ手に拘束して拷問台に女の身体を括り付ける。


もがけばもがくほど体重が上体の縄に掛かって、より苦しくなるように脚は拘束台から宙に浮かせておく。

脚は閉じられないが、膝から下を動かすことができるので、女が苦痛に脚を硬直させる様子は観察できる。

実験台の女を拷問をする前には、女が苦しさで吐くほど大量の浣腸液を肛門から注入し、最低1時間は排泄を許さないで放置する。

女は、排泄ができない苦しさに泣き叫ぶが、よく浣腸をしてから排泄させることは、クリトリスの拷問中の脱糞を防ぐために必要なことだ。


クリトリスを責める前に、オマンコを指で開いてクリトリスを露出させる。それからクリトリスの包皮をめくり、よく刺激してクリトリスを勃起させ、より敏感にしておく。

このとき、女をイかせてはいけない。女がイクことは、厳しく禁じておかなければならない。

また、女奴隷やメイドを折檻するときには、より敏感な状態のクリトリスを拷問できるように、普段から性交やオナニーは禁じておく。

女が性交やオナニーをしたいときには、ご主人様に許可を申し出るというルールを徹底しておくことが望ましい。

女が許可を申し出たときは、10回に1度程度は性交やオナニーを許してもいいが、それ以上は許可しないで罰する方がよい。

そうすることで、女奴隷やメイドに性交やオナニーを許可しないことを告げるだけで、近いうちに厳しい罰か拷問が待っているいう恐怖感を与えることができる。

女を拷問台にしっかりと括り付ければ、クリトリスに針を刺したり、火で炙ったり、真っ赤に焼けた焼きごてをあてたり、ペンチでひねり上げたりと、好きな拷問ができる。


勃起したクリトリスを導線で結わえてから電気を流すと、女は引き裂くような大きな悲鳴上げて泣き叫ぶ。

クリトリスに電気を流す拷問をより楽しむため、肛門に金属の棒を刺し込み、そこにも電極を付け、肛門からクリトリスに電気が流れるようにする方法も効果的だ。

同じように、乳首に電極を付けたり、オマンコに金属棒を突っ込んで電極を付けてもいい。

オマンコの中からクリトリスに電気が流れるので効果的だ。

拷問を始める前に、拷問に使う針やペンチ、焼きごて、導線などを女に見せ、これから始める拷問を説明すると、女が泣き喚いて許しを請う恐怖の表情を楽しむことができる。

では、いくつかクリトリスの拷問を紹介しよう。

実験台の女を両手脚を拡げさせて鉄枠に縛り付けてある。

女のオマンコとクリトリス、乳首に電極を取り付けて電流を流した。

「や、やめて下さい! いや~~!」

女は手足と体を硬直されて感電し、小便を漏らした。


三角木馬でオマンコ裂きの拷問を受けている女だ。

もっと苦しめるために、クリトリスを先端を鋭く尖らせた棒で貫くと、涙を流して許しを乞った。

この女には別の日に、気持ちのよくなるクリトリスの拷問を受けさせた。

首枷に両脚を固定し、クリトリスも剥き出しにさせて、バイブレーターで刺激を与え続けた。

最初のうちは喘ぎ声を出し、ときおり脚を硬直させ、腰をよじって気持ちよがっていたが、そのうち泣き叫びだした。


女のオマンコに棒を突っ込んで腰を固定し、バイブでクリトリスを集中的に刺激してみた。

女は苦しい姿勢を取らされ、気持ちよさに悲鳴を上げ続けた。

ときどきオマンコの棒を激しく抜き差しすると半狂乱になった。

女を仰向けにして手足を拡げて拘束した。オマンコには棒を突っ込んで、激しくピストン運動をしてやり、同時にクリトリスをバイブで刺激した。

女がイったあとで、クリトリスに電極を取り付け、乳首をはじめ、体のあらゆる部分との通電実験をした。

最後にクリトリスを集中して感電させると、絶叫して気を失った。


女が身動きが取れないように拘束して、クスコでオマンコを拡げた。

ロウソクのロウをクリトリスに垂らすと、女は喉の奥から声を上げて泣いた。

ロウはクスコに溜まってオマンコのなかに流れ込み、次第にクリトリスまで達した。

オマンコの奥に流れ込むロウの熱さと、クリトリスに垂らされるロウの熱さで、女は悲鳴を上げ続けた。

クリトリスにロウを垂らし続ける

女のクリトリスに電極が埋め込まれた吸引管を取り付けた。

クリトリスが吸引管で吸引され、電極に密着している。

両乳首にも電極を取り付けた。

クリトリスと乳首に同時に電気を流しはじめ、次第に電圧を高くしていく。

「いやぁー! い、痛い! 助けて下さい! お許し下さい、お願いです!」

電圧を一気に上げた。

「ぎゃー!」

女は気を失った。


女の乳首から電極を取り外し、オマンコのなかに電極の突いた金属棒を突っ込んだ。もちろんクリトリスにも電極が密着している。

再び、オマンコとクリトリスの電気ショック実験を始めた。

「これからまた電気責めをはじめる」

男の声に、女は涙声で哀願をはじめる。

「もういや、お願いです。お許し下さい。お願いです」

無視して電気を流しはじめると、女は体を硬直させて悲鳴を上げた。


女奴隷を大の字に拘束し、クリトリスを吸引管で勃起させている。

十分に勃起したクリトリスをペンチで挟んで引っ張り、クリトリスの根本に銅線をきつく巻き付けた。

銅線に鰐口クリップを付け、電気拷問をはじめる。

勃起したクリトリスに電気を流された女奴隷は悲鳴を上げた。


頭、両手両脚を金枠に固定した女のオマンコに金属棒を差し込み、水に沈める。

クリトリスには吸引管を取り付け、クリトリスを勃起させて電極に密着させた。

乳首、オマンコ、クリトリスに電極を取り付ける。

電気を流すと女が泣き叫んで許しを乞う。

クリトリスの電極を取り、手でクリトリスにときおり密着させたり離したりしながら女への拷問を楽しむ。

女は、いつ電極を着けられて感電させられるのかとビクビクしている。

「もうやめて! お許し下さい! もうやめてぇー! い、いやー!」

再び電極が女のクリトリスに付けられた。


もう何時間もクリトリスの拷問をされている女だ。

10分おきにオマンコとクリトリスに電気を流されている。

「さて、また電気を流すとするか」

男が立ち上がった。

女は反射的に脚を閉じようとするが、きつく拘束されているため、かすかに体が揺れる程度だ。

「いや、いや・・・」

女は心の中で叫んでいた。


オマンコに鉄棒を突っ込まれ、ひざ立ちで女が拘束されている。

男は強い電圧に設定した電極を女の体のあちこちに付けて拷問を楽しんでいる。

「よし、次はクリトリスだ」

男が持っている電極が女のクリトリスのほうへと伸びた。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする